何者なのか?

私は誰でここはどこなのか。誰か教えてください

高専生が語る高専について

 

 

 どうも、高専生に向いてなかった高専生です。誰も知らないところから失礼します。

 現役高専生という立場から高専生について考えていたことを少しだけ述べます。これから高専を受験したい! と考えている無邪気な中学生進路に悩んでいる高専に届くことを願います。

 

 

 

 

 

1. 自由さ

 

 高専は自由です。これは高校に比べて……とかそういう話ではなく、センター受験という普通の同世代が縛られる要素が排除されているという要素からなる、学ぶことの自由さです。センター受験のための知識ではなく、将来の専門分野に向けた基礎分野の知識を得られるというのは大きなアドバンテージだと思います。

 

 

 ……というとでも思ったか?

 

 

 高専で得られる自由なんてものは基本的にないと思っていい。なぜなら私達はそれを自由だと認識できないし、また事実自由ではないからだ。

 確かにセンター受験のための勉強はしないが、底辺高校レベルの文系科目は履修することになるし、大学生相当の年齢になっても体操服を着てテニスコートやグラウンドを這いずり回ることになるのがアドバンテージかと言われると首をかしげざるを得ない。

 そもそも、中学生の時点で自分の適性を断定して入学する学校が自由な訳がないのだ。中学では理系だと思っていても実は文系の方が適性ありました~なんてケースは腐るほどある。そこで高専を出ていける人間はいい。出ていけない人間もいる。単位を落として留年して退学しないように必死になってもなお適性のない高専にすがろうとする人たち。こういうのが一定数いるのが高専だ。

 

 自由? とんでもない。ここは地獄だ。

 

 

 

2. 就職及び進学

 

 高専に入ると就職先が大手で、しかも就職活動がアホみたいに簡単! さすが高専、企業からの信頼がハンパないぜ! ……多くの高専がこうなのかは知りませんが、少なくともうちの高専はこんな感じでした。大手にラクラク高専チケット。5年まで進級できたらもう心配することはないと言わんばかりのゆるゆるっぷり。

 また、進学についても、普通にセンター受験するより確実に上の大学が狙えて、しかも何校も受けることができる! 進学するなら高専経由しておいて損は無い! みたいな言い方されてました。事実、うちの学科からは数年前に東大生が誕生していたりしました。すごいと思います。

 進学と就職という視点だと高専に入学するのはアド! 高専万歳!

 

 

 んなわけねぇだろ。

 

 

 まず就職。就職するまでの先輩の活動はいろいろなケースがあってわかりやすいものの、就職してからの先輩の動向が掴めないケースが多すぎる。これじゃガンガン仕事をしてバンバン出世してエリート社員になったのか、それとも業務内容に嫌気が指して大手を3ヶ月で辞めいざ再就職しようと思ったら短大卒相当の資格しかなくて途方に暮れてるのかわかんないよ~。(泣)

 ちなみにまっっっっっっっっっっっっったく関係ない話ですが、私がインターンで行った某社では高専卒は高卒や派遣社員と一緒にライン工してました。仮にも大学と同じ高等教育機関を卒業した人間が中卒でもラクラクこなせる仕事やらされてるとは思いませんでした。ビックリだね! みなさんはインターンに行くときはしっかり下調べをしておいたほうがよろしいと思います。割と真面目なアドバイスです。

 

 次に進学ですね。えーと、これも私が通っている高専の場合なんですけど、一切のサポートがありませんでした。受験勉強についてはall自習。どんな大学が募集してるのか、どんな学部学科があるのか、締切はいつまでなのか、全て自分で情報を仕入れて自分で判断する。そんな孤独な闘いがそこにはありました。唯一言ってくれたのは専攻科の案内と締切のアナウンスです。専攻科好きだねぇ。

 それでも自学自習が得意なタイプは高専経由の進学もなしではないでしょう。ですが、ここからもうちょっと踏み込んで、例えば某◯chのスレなんかを覗いてみると、そこにはまた闇が広がっています。そう、高専卒の編入組は大学で孤立する傾向にあるのです。まぁ高専に閉じこもって5年間も生きてきたような化石が別環境の、しかももう人間関係が出来上がってる場に踏み込むわけですから、当然生き残れるのは一部の人間だけなのです。さらに悪いことに、先程挙げた自分で自学自習ができるタイプの人間はなまじ優秀なだけに自分以外の人間に頼ったりするのが苦手なんですね。えぇ。あとはもう自明の理って感じですかね? 優秀だと進学先で失敗し、グズだと進学に失敗する。上手いことできてますよ。

 さらにさらに最悪なことに、高専のメリットである「複数校受験できる」というのも、時には自分に牙を剥きます。これは受験の日程が今年度から何故か急に変更されたり、同じような分野の学部学科に進もうとしているのに、試験科目が2科目くらい違ったりしてえらいことになったり……。少なくとも私には手放しでメリットだ! と断言できるようなものではなかったです。あと受験で落ちるとメンタルがイカれるので、そこも注目しておかないとヤバい心理状態で試験を迎えることになります。気をつけよう!

 

 

3. ここがヤバいよ! 高専

 

 他にもいろいろあります。

 

・5年同じメンツだと閉塞感がある。

・holeの方の兄弟関係も地獄じみてるらしい(当方童貞故伝聞)。

・姫と騎士(囲い)の関係がとにかくキツい。

教員免許を持ってない人が当たり前のように教えてるせいで授業がえらいことになってる科目がある。

欠点が60点で失点が30点なのに試験平均が20点だった科目がある。

・学校で当たり前のように使用済みコンドームが見つかる。

・入学試験のレベルが低い学科はまるでスラム街だ。

・限界オタクがキツい。

・カリキュラムがガバガバなせいで後で習う内容を習った前提で教える科目がある。

・教員もブラックだ。

・気がついたらクラスの20%くらい留年退学してる。

・なのに上からも留年してくるせいで人が減らない

・他(思いついたらコメントください)

 

 

 

 

 高専ってこんな感じなんです。夢や希望を持ってた方はごめんなさい。ただ、この高専像もまた私の主観によるものでしかないので、他のサイトなどを見つつこういった闇の側面もあるのかもしれないなと意識してもらえたら十分だと思います。

 あるいは自分で自分を律し努力できる人には最高の環境かもしれません。自分の好きなことを学ぶ時間は十分にあると思います。全てはあなたの努力次第です。ただ、センター受験したくな~いとか言って逃げてくる人間はだいたい努力できないです。悲しいけどこれが現実なのよね……。

 これで終わりです。僕はこの地獄から足を洗って高専刑務所に入獄するのでそこでのレポも気長に待っててくれたら更新するかも。この記事を見て思うことがあったらそれを文章にすればいいと思います。Twitterは便利だが全てが流れていってしまうのでな……。

 

 それでは。